トップページ みちのく村山のこと
代表理事組合長 三 浦 康 彦
皆さんこんにちは。
この度は、JAみちのく村山のホームページにアクセスいただきまして誠にありがとうございます。
「JAみちのく村山」は、県内北村山地区の3総合JA(旧JA村山市・旧JA尾花沢市・旧JA大石田町)が合併し、平成7年4月1日に誕生しました。
この地域は東の奥羽山脈と、西の出羽丘陵に挟まれた村山盆地の北部に位置しています。中央部では最上川が南北に貫流し、地域農業に豊かな恵みをもたらしており、米、尾花沢すいか、山形県特産のさくらんぼ、ラ・フランスなどが生産され、更に畜産では「総称山形牛」として、県内一の飼育頭数を誇る肥育牛団地を形成しております。
JAみちのく村山は、「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」「地域の活性化」の3つの目標に全力で取り組み、地域に根ざしたJAを目指します。
今後とも、より一層のご支援とご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。
みちのく村山の「みちのく」は東北地方をさす言葉で、
「未知の国」や「奥ゆかしい」という意味も持っています。
当組合は、村山市、尾花沢市、大石田町の2市1町からなるこの「みちのく」の地で、JAみちのく村山ブランドの確立を目指しています。
1995
4月 みちのく村山農業協同組合発足
6月 JAみちのく村山「東京事務所開設」
7月 村山中央CE 落成式
1999
6月 広域配送センターオープン
2003
10月 大型雪室施設 落成式
2005
12月 合併10周年記念祝賀会
2006
1月 ㈱みちのくサービス営業開始
   新大石田支店 尾花沢中央支店オープン
3月 JAグリーンたておか・ごてん・おおいしだオープン
2010
1月 新尾花沢支店オープン
2011
1月 楯岡・葉山新支店グランドオープン
2015
JAみちのく村山合併20周年記念式典
2016
セルフSS碁点給油所オープン
2017
JAグリーンおばなざわ新店舗オープン
2020
セルフSS大石田中央給油所オープン
名称
みちのく村山農業協同組合
所在地
山形県村山市楯岡北町1丁目1番1号
組合員
11,963人
職員
327人
出資金
23億円
貯金残高
760億円
長期共済保有高
2,845億円
受託販売品取扱高
148億円
購買品供給高
42億円
(令和2年度末現在)
アクセス
飛行機で
・羽田空港-山形空港(55分)
・山形空港から村山まで車で20分
新幹線で
・山形新幹線で東京-山形-村山駅又は大石田駅(約3時間30分)
お車で
・東京-(東北自動車道)-村田JCT-(山形自動車道)-
 山形JCT-(東北自動車道)-村山(約5時間30分)
広報誌「ふれあい」
「ふれあい」はみちのく村山の組合会員様向けに発行している広報誌です。
みちのく村山のニュースや業務案内、農業情報等をお届けいたします。
ディスクロージャー
JAでは、組合の信頼性を増し、出資者(組合員)をはじめ一般の方々にも安心して事業をご利用いただくために、財務内容や経営内容を記載したディスクロージャーを公開しています。